So-net無料ブログ作成

ひとはうまれたら、
成長して、パートナーを見つけて、子供を作らなくてはいけない。
日本だとひとりにひとりのパートナーがいて、
そうして、子孫を残していく決まりごと。
もしも、その原則をとっぱらえたら、
男女って区別する見方がなくなったら、
もう少し生きやすくなるのかもしれない。

例えば、男の友達がいて、
なんか、すっごい大事で、
そいつが彼女とのことでめっちゃ悩んでて、
なんか、助けてやりたくて、
でも、日本では、
友達として助けることに限界があったりする。
じゃあ、お前が付き合えよ、
責任取りなさい、みたいな。
で、当然、なによ、あの女ってなるのがオチで。
そういうことじゃなくても、
そう見える、という世間体。

まぁ、今のは例えばの話で、
男と女の間に友情が成立するかといえば、
答えは私にはわからないけど、
男とか女とか、
年上とか年下とか、関係なく、
出逢ったら、生きている間中、
みんな、助け合うべき友だと私は思っている。
家族は必然的に家族だし、
それ以外で、出逢ったなら、
出逢いこそが、もっと偶然で、
だから、友なんだと思う。

きれいごとかよってばかにされるのもわかった上で。
たとえ、どんなに先輩でも、どんなに年下でも、
男でも、女でも、
こまったときには、
普通に自分ができる限り助けるし、
それが、出逢うべくして出逢った、
友だと思うから。

シラノとル・ブレの関係も、
演じれば演じるほど面白かった。

「シラノ・ド・ベルジュラック」という作品の中で、
私はシラノの親友のル・ブレという男を演じた。
シラノという鼻にコンプレックスを持った男の、
すべてをそばで見て、知っている親友。
コンプレックスも、恋心も。

シラノは実在の人物で、
彼が死んだ後に、彼の本を出版し、
シラノのことを後世に伝えられたのは、
ル・ブレのおかげだという。
本物のシラノが同性愛者だったらしいとか、
そういうことはおいておいても、
シラノとル・ブレの関係を考えるだけで、
いろんな想像が広がっていった。

正解は本人に聞かなくてはわからないし、
聞いてもわからないことだと思うし、
実在した人物と「シラノ・ド・ベルジュラック」という作品の中でも、
違いはあるはずなんだけど、
たぶん、ル・ブレは、
世界一シラノを愛したひとだったのだと思う。
本当は男が演じた方がいいに決まってるけど、
でも、女の私が演じなくてはいけなくて、
その意味とか、その良さとかを、
必死に追求していった。

私がル・ブレと辿り付いた答えが、
愛に、男も、女も、関係ないってこと。

この2ヶ月近くの間、
誰よりも近くで、誰よりもシラノを愛していたと思う。

そのル・ブレが、シラノの死に際に、月を指差し、
愛する女のいるシラノにいう言葉。

もうひとりの女の友があそこに迎えにきている。

本当に本当に切なかった。
ル・ブレもなんて素敵な言葉を選ぶんだろう。
自分が女だったら。
でも、女だったとしても、
逆に何もできなかったかもしれない。
男だけれど、そばにいて、
誰よりもシラノを想っていた。
でも、男だから。
友として。

愛について、たくさんたくさん考えた時間だった。

私にもいろんなことがあって、
悩んで苦しんで、
昨年は芝居をやめようと思っていた。
でも、2010年秋の、
この「シラノ・ド・ベルジュラック」に、
舞台への想いをぶつけてみようと思った。
この公演に参加することで、きっと何かが変わる。
神様はいじわるで、しんせつだから、
必ず、生きる意味を与えてくれるのだ。
去年からずっと楽しみで、
近づくにつれてもっともっと楽しみで、
終わった後は、もっともっともっと楽しかった。
本当にこの公演に参加できてよかった。
もしかして、もしかすると、
この公演がなかったら、私は今頃……。

私はいつも作品に、舞台に、
助けられてばかりいる。
観に来てくださるお客さんがいなかったら、
本当に生きられない。
アンケートを読んだりすると、
私なんかより大変な人生を歩んでいる方がたくさんいらっしゃる。
だからこそ、
舞台の上からでも、愛が届くように。
友として。

ありがとう。
シラノとル・ブレと仲間たちとみなさんに。

ひとを愛することって、
素晴らしい。
生まれてよかった。
生きててよかった。
これからも、友を愛して、生きよう。 つづく

今度生まれ変わったら、絶対に男をやりたい。(独り言)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。