So-net無料ブログ作成

せんしゅう楽 [日記]

今年の長い長い休みが終わる。
終わらないような気がしてたことにも、
必ず、終わりは、やってくる。


たくさんの変化があった2ヶ月だったけど、
へってしまったもの、
なくしてしまったものはひとつもない。


我が家にふえたもの。
ベージュの寝具のカバー。
白いiPhone。
レンガ色のソファーカバー。
真っ白な蓋つきのごみ箱。
チェリーレッドのル・クルーゼのお鍋。


私にふえたもの。
お気に入りの鞄や靴や麦わら帽子。
ギターの練習時間。
練習して弾けるようになった、
とあるアーティストの曲、5曲。
時間ができたら必ず行きたい場所、
高知の桂浜。
笑顔で散歩した時間、たっくさん。
恋を失う経験。
しあわせ。
両親と過ごした時間。
旅行の思い出いっぱい。
劇団のお客さまと触れ合う時間。
人を深く深く深く愛する気持ち。
料理のレパートリー、少し。
前髪。
大事な人。


書ききれないほどに、増えて、変わって、
私は大きくなった。
子供じゃないのに、まだ大きくなっちゃう。


明日が千秋楽。
終わる日。
めでたい日。
そして、出発の日。


休みの間、ひたすら笑顔でいられたから、
これから、どんな日々が待っていても、
ぐるっぐるに縛られて、
どこにもいけなくなっても、
心だけは自由に、感情のままに、
ふわふわ飛んでいこう。
何も見えない不安な未来に向かって、
手が繋げなかったら、心をしっかり繋いで。


あなたが生きている世界に生きられる明日は、
きっと楽しい。
だから、しっかり、私も生きる。 つづく


さて、いよいよ明日は千秋楽。
終われば稽古開始。
劇場で大切に1日を過ごそう。(独り言)


天国のお姉ちゃん [日記]

2000年の「また逢おうと竜馬は言った」で、
私のお姉ちゃん役だった女優さん。
今、天国から見てくれてます。
私はそう信じてる。


私は元気にやってます。


危なっかしい人生を送ってる私を、
どう思ってるかな。
話がしたい。ものすごく。
愛に生きるお姉ちゃんと私は、
ずいぶん似てきたんじゃないかな。


あれから10年が経って、思い出の作品が再演される。
まさか、私が出演するとは、お姉ちゃんも驚いてるかな。
去年の夏、「風を継ぐ者」では、
お姉ちゃんと同じ役を私が演じた。
びっくりしたかな。
老けたね、って思ったかな。
でも、お姉ちゃんは年を重ねることを、全く怖がらず、
生き生きと美を追求してた。
実は、お姉ちゃんの年をよく知らない。
そんな感じで、一緒にメイク用品について意見を交換したり、
美味しいごはんを食べたりしたよね。


私はお姉ちゃんの年を超えたのかな?
調べてみよう。


妹が成長した姿を見てください。
がんばるから。
絶対に観に来てね。


今日は命日。
いつもずっと想ってる。


私は今、強い気持ちでこの作品と向き合ってる。
何としても、面白い芝居にしなくてはならないのだ。
まずはお姉ちゃんに楽しんでもらうために。


台本には、衣裳を着たきらきら輝いてるお姉ちゃんの写真を、
大切にはさんで。
きれいだね、お姉ちゃん。
私も負けないぞ。 つづく


ふたりの台詞のやりとり、ひとつひとつが懐かしいね。(独り言)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。