So-net無料ブログ作成
検索選択

さくら2010 [日記]

あと、何回、桜を見られるのだろう。
大好きな桜の季節が来るたびに思う。
すごく長生きしたら、あと50回くらい。
そうじゃなかったら、10回かもしれないし、5回かもしれないし、
最後かもしれない。


春、1年分の人の想いを背負って、桜は毎年咲き続けている。


桜の下には、この季節だけ人が集まる。
この季節だけ。
死体が埋まっているわけではなく、その変わりに、
その会社の難しい事情とか、
上司への愚痴や、
後輩への苛立ちや、
同期への嫉妬や、
楽しい歌声や、嬉しい悲鳴が、
毎年毎年、蓄積されていく。


会社に勤めたことのない私は、
自分が場所取りだったり、宴会部長だったりするときのことを想像する。
私ならば、あの桜の木の下にする。
大きな大きな、ブルーシートを広げ、先にひとり寝転ぶ。


そんな妄想力豊かな私は、役者だ。
今日一緒に飲んだ、いつも前向きで素敵なアナウンサーさんに、
どんなことがあってもこの仕事を、一生、続けなさいと言われた。
あなたが花開くのは、年老いてからかもしれない。
だから、続ける続けないを悩んだり、
人生に悩んだりするのではなく、
ただ素敵な年の取り方をするだけでよいから、と。


あと何回、桜を見たら・・・・・・


老いる、とは、しわが深くなるように、
気持ちが深くなることなのだろうか。
それだけなのだろうか。


ひとは、毎年、毎年、老いていく。


次の桜の季節には、あなたにはもう手が届かないかもしれない。
だから、今、
あなたの美しい横顔と、今年の桜を、
一緒に心に刻みました。
ずっと、忘れないために。


新緑の季節も、枯れ葉舞う季節も、
今も、
次の今も、
あなたに逢いたい。
苦しいくらい桜の神様に願う。


もうしばらくすると、桜は今年も散る。
思い残すことなく。
来年、再び、逢うために。
恐れずに。まっすぐに。  つづく


少しだけ歩いてお花見をした。今年の桜も思い出に残った。(独り言)


時の神クロノスさまへ [日記]

クロノスに出逢って5年。
その間に、4作品に出演させてもらった。
いろいろなことがあった5年間だったけど、
時の神、クロノスにとっては、5年なんて、
まばたきするくらい一瞬の時間なのかもしれない。


タイムマシンがあったら戻りたい過去があなたにはありますか?


お客さんのアンケートを読んでいて、
クロノスに乗ってマイケルを救いに行きたいというのがあった。
あぁ・・・と思った。
マイケル・ジャクソンを救えたら、もっともっと彼を見ていられたのに。
でも、あれは彼の宿命で、ロンドン最終ツアーが出来なかったことで、
映画が全世界で大ヒットし、
今まで、マイケルを知らなかった人や、嫌いだった人の心にも、
彼のパフォーマンスや生き様がしっかりと届いたことは、
必然だったのかもしれないと思ってしまう。


大切な人を失い、助けられなかった人にとって、
クロノスシリーズは、大嫌いという気持ち、とてもよくわかる。


私も、今、片想いをしている。
すごくすごく好きだけれど、
どうにもならない。
クロノスジョウンターに乗って、過去を変えることは、
やってはいけないことだと、もちろん思う。
でも、野方耕市のように、タイムマシンを自分で作るほどに、
人を想ったとしたら。
想い続けたとしたら。
それは許されることなのではないかな。
たぶん、許されてよいのだと思う。
たとえそれが片想いで、相手に想いが届かなかったとしても、
そこまで、想うことは、
想い続けることは、
歴史を変えられるくらいすごいことだと思うから。
時の神クロノスは、野方耕市に微笑んだ。
奇跡の微笑み。


「笑ってよ それだけで 優しい言葉はいらないよ
わかってる 身勝手な私を」


野方耕市が自分の作ったクロノス・ジョウンターに乗った後、
こんな歌詞が流れる。
好きな人が笑ってくれたら、それだけでいい。
自分が生きるためには、いろんなことをやらなくちゃいけなくて、
毎日、食べていかなくてはいけないし、
働かなくてはいけないし、
家族を守らなくてはいけないし、
生きるのは格別に大変だけど、
それとは、別のところで、
好きな人が笑ってくれることが大切だってこと、
私は、野方さんに、クロノスに、教わった気がする。


野方耕市さんに想われるとても幸せな役を演じさせてもらった。
好きな人と進路のことで喧嘩して別れて、
その数秒後のシーンでは、好きな人を亡くして後悔して、
自分も死んでいくという役で、
心の中はひっちゃかめっちゃかだったけど、
野方さんが跳んだ後の、笑ってよ、って歌詞を聴きながら、
最後には、とびきりの笑顔で野方くんに会おうと、
毎ステージ、強く強く思っていた。
自分の親友と、幸せになってくださいと言った野方くんの顔。
私は一生、忘れないと思う。
自分とではなく、貴方の大切な人と幸せになってください、
笑ってください、という野方さんの願い。


クロノス・ジョウンターに2度も助けられた人は、
この世界で私だけだと思う。
助けられたことを通して、
私は助ける人の気持ちを痛いほど教わりました。


私たちは、過去に戻ることは、絶対にできない。
私にも後悔することがたくさんある。
小さな決断、大きな決断。
最近の1番大きな後悔は、
キャラメルボックスに私が入らなければよかった、ということ。
は???と思うでしょうが、
幸せな悩みだねと思うでしょうが、
眠れないくらい、真剣に、そのことを後悔した夜がいくつもあった。
でも、周りの人や、ファンの人に、
たくさん励まされて、力をもらって、
今、こうして生きています。
今は、改めて、
劇団に入ったからこその出逢いのあまりの素晴らしさに、
日々、感謝している。
だから、自分の幸せとか、ひとまず、考えずに、
誰かを笑顔にすることを考えたい。
いや、たぶん、それが私の幸せなのだと思うから。
身勝手な私の、ね。


あなたの大切な人と、笑顔で、生きてほしい。
応援してます、心から。
タイムマシンを作るくらい、あなたを想い、
私はいつでも、あなたを助けに行きます。


最後に、天国のキヤマさん、
ありがとうございました。
岡内くん、岡内くんと、笑ってくださった笑顔と、
クロノス・ジョウンターを忘れずに、強く生きていきます。 


時の神クロノスさま、
この世界で必死に生きている人に、
少しずつでいいから、微笑み続けてください。
私も、必ず、笑い続けます。 つづく


終わって欲しくなかった公演が終わった。
私はほんとうに助けられた。救われた。(独り言)


ふわふわなじかん [日記]

自転車でのんびり進んでいて、
道端にお財布みたいな物が落ちていたから拾った。
ちょうど長財布くらいの大きさの白い革の表紙の手帳だった。
ぼんやりとしたお休みの1日だったので、
時間がたっぷりあったから、
落として困っている人の顔を思い浮かべ、
迷うことなく、そのまま、交番に持っていった。


届けに、自分の住所を書いたりして、
おまわりさんと中身を確認。
たぶん、若い男の人の物だと想像できたが、
連絡先はすぐにはわからないようだったので、
あとはおまわりさんにおまかせした。


この持ち主がわかったら知りたいですか?
あなたの情報をお知らせした方がよいですか?
このお財布の権利を放棄してよいですか?


当然な質問をいろいろされ、紙に、丸をしていく。
いや、結構です。
それも、結構です。


それがお財布でお金が入っていたりしたら、
いろいろもっとめんどくさいことになったけど、
たくさんのことが書き込まれた本人だけが必要な手帳だったので、
持ち主が見つかっても見つからなくても、
もう私には関係のないことだけど、
もしも、と想像すると、
こんなことも縁なのだなぁ~と思った。
漫画の世界のような出逢いもできてしまうような。


稽古中や公演中はたいてい時間に追われて過ごしている。
誰かの落とし物を拾う時間の余裕もないし、
それ以前に、
たぶん、道端に落ちているものなんか気付かないかな。
心の余裕もないから、
そんな誰かのための心配りも忘れて、
そんな縁も見過ごして、
私は生きているんだな、いつも。


今、1年でふいにぽっと生まれる、お休みの時間を過ごしている。
お洗濯や掃除を、のんびりして、
夕ご飯を考えたりしながら、のんびりブランチをしたりしている毎日。
こんな時期だけは、
サラリーマンの疲れて帰ってくる旦那様を、
家事を一生懸命やりながら笑顔で待つお嫁さんが、
すごく自分に向いているような気がしちゃうんだけどね。


新宿の丸井の中のお店で店長をやっている友達がいる。
ここ3年くらいは、その友達が私の洋服を選んでくれていて、
あれとこれを持ってるから、これを買い足して、
という私のクローゼットの中身とのコーディネートまで考えてくれている。
店中の新しく入った洋服を試着したりして、
いつも楽しい時間を過ごしていた。
彼女の方は、私の芝居を彼氏と観に来てくれる。


その友達が、結婚のため、退職することになり、
私は、最後の日に遊びに行った。
花束を持って。
これからは、彼女のお店だけじゃなくて、
デパート中を見たりして、
一緒に買い物をすればいいんだと思うから、
もっと楽しみになるけど、
でも、新しい丸井になるときの大変そうな様子などを見て、
ずっと応援してきたので、
ちょっぴりさびしくもあり、
でも、おつかれさまが、当日、直接会って伝えられて、
逆に私の方が幸せな気持ちになってしまった。
誰かの新しい出発の時を見守れること。


ふわふわとした時間を過ごしていると、
ふわふわとしあわせがやってきて、
ふわふわと包んでくれる。


だから、きゅうきゅうとしたスケジュールの中でも、
怖い顔をしたりしないで、
ふわふわと生きようと思う。


あまり歩かない街を歩いて、
初めて入るカフェで、
カフェラテを飲んだり。
今まで、意識しなかったことを思ったり。
自分のことより、
もう少し誰かのことを想ったり。


白い手帳は持ち主の元へ帰ったかな。


あれもない、これもないと思うより、
ふわふわと今を過ごしてみよう。
誰かが落としたものを、
何も考えずに拾ったりしながら。
ふわふわふわふわ。
そしたら、自分がピンチの時、
たぶん、誰かが拾ってくれる。
ひととひととはそういうもんだと私は思う。


だから、ふわふわした笑顔で毎日を。 つづく



怖いくらい時間がある。(独り言)



恋することはいつものこと [日記]

あんまりくよくよしない人が落ち込んでたり、
悩みなんかなさそうな人の心がはちきれそうになってたり。
いつもは背筋をぴんと伸ばして、
みんなのことを明るく照らしている人が、
ふと、自分に弱音を吐いてくれると、
どうしても何が何でも、力になりたいと思う。
私にとっての恋とか、片想いって、
そういう感情。
普通の人は恋って言わないのかな。
そんなんだったら、自分が何人いても足りないし、
何人の人のことが好きなんだろうってことになるし。
でも、私にとっては、
生きてると生まれてくるたくさんのめんどくさいことや、
どうしようもなくくだらない幸せな瞬間のこととか、
いろんなことを、
ふたりで裸になって話せることが、
1番大切で、
そういう時間が心地よいと、
その人を好きになるんだなと思う。


1999年、まだパソコンがひとり1台ではない時代から、
ここで文章を書いてきた。
それは、先輩のHPの中の1コーナーで、
だから、自分のページではなかった。
2000年になって、自分のHPというものを、
独立して創っていただいた。
そのときは、えらく感動したものだ。
それから、数年して、
たくさんの人が自分のブログをもっている時代になった。
今、2010年現在は、何をしているかを、外出先からでも、
全世界につぶやける時代になっている。


昨日、何をしたのかとか、今、何をしているかとか、
私は、そういうことを書きたくて、
この「ひめごとおかうち」をはじめたわけでない。
字が上手に書けない頃から、
自分の気持ちを文章にして書くのが好きだったから、
舞台上で演じるだけでなく、
書くことで何か表現できたらいいなと思って、書きはじめた。
だから、私は毎日は書かない。
もちろん、書こうと思ったら、書けるわけで。
日記というわけではなく、活字で何かしらを表現して、
読んでくださるあなたに届けてみたいと思っているから。
劇団のSNSには、毎日のように書いている。
そっちは、写真とかも載せる日記。
つぶやいたりも始めた。
それらは、もっともっと気楽に届ける文章。


もちろん私はここに自分の思ったことを正直に書いている。
自分なりに。
でも、思ったことをそっくりそのまま書かない。
書かないようにはしている。
まだあんまり世の中の人が日記を公開したりしない頃、
ここで書くことにいちいち批判が届き、
それがとても辛かった。
何のために誰のために書いているのかわからない時期もあった。
本当の気持ちはやっぱり書いてはいけないのかな。
嘘やきれいごとを、何のために書くのだろう。


ときどき、身近な人に、あれはどういうこと?
知らないうちにどんな恋をしてるの?みたいなことを聞かれるけど、
だから、あれがこうで、
そうだから今回は、こういう表現をしたって説明すると、
ははぁ~んってことになったりしてきた。
わかる人にはわかる内容だったり、
私の恋愛事情をすべて知っている、
姉や母親が読んでも、はてなって内容だったりもする。
私はちょっと変わってるので、
人を好きになるなり方も、
たぶんだいぶ変わってるので、
いろいろ心配かけてるかな。
へんな心配かけてごめんなさい。


でもね、これだけはちゃんと本当で、
いつも私は恋してる。
恋することはいつものこと。


人に腹を立てるとか、いやな思いをさせられるとか、
人を憎むとか、人に憎まれるとか、
悲しい、不安だ、淋しい、苦しい、
自分の心がマイナスな感情に溢れてしまうこともあるけど、
そういうときも、表現する欲求がむくむく出てきて、
文字にすらすらなってしまうこともたまにあるけど、
最近の私は、とにかくプラスの感情が、
どばぁ~~~っと溢れて、
文章を書きたいなぁと思っている。
誰かを想って、
片想いかもしれないけど想って、
幸せに生きてみると、
あら、不思議、
人を好きになるようなことばかりな毎日。
それだけ、私の周りには素敵な人がいっぱい集まってくる。


恋するといいことしか起こらない思う。
振られて泣いても、
その人を好きになれて、出逢えて、よかったと思う。
そしてまた、出逢うために振られたんだと思うような、
新しい出逢いがやってくる。


恋する未来は明るい未来。
幸せだったり弱音を吐いたり、
恋したり恋されたり恋したり恋したり。
何でもいいから感情を動かすと、
いいことが起こるような気がするんだ。
たぶん、ね。   つづく


人がどこで何をしているのかわかりやすい時代、
片想いの女の子はそれでいろいろわかって傷つくこともある。(独り言)


正解のないこと [日記]

劇団に誕生日が全く同じ後輩がいる。
実は、私は弟とも誕生日が一緒なので、
小さい頃から、星座占いや誕生日占いのようなものも、
今日は弟と一緒に不運なのか、
今年は弟と一緒に好調なのか、
いや、やっぱりこういうのは、全然あてにならんぞと思ってきた。
私と弟の場合は、生まれ年や、男女の違いもあるだろうし。
しかし、その劇団の後輩の女の子は、7つも下だけど、
それが、性格なんかが、実によく似ているのだ。
名前も、みきちゃんというだけあり、
こりゃ運命だなと思う。
その子も、今、大きなお休みを過ごしているのだけど、
自分の数年前を見ているかのような行動力。
今日は、どこどこに行こうと思い立ち、
ぱきぱきとひとりで行動している。
きれいな写真を撮ったり、美味しいものを食べたり。


今、私は、ほわほわしている。
ひとりでどこかに行ったら、
帰ってこられなくなっちゃいそう。


そのかわり、7歳、年取った方のみきちゃんの、
休みになってやりたいことといえば、
人に逢う、ということ。
ひとりで身軽に素敵なとこに旅行に行きたいなとも思うけど、
まずは、家族との時間を大事にしたいし、
久しぶりな人に会ったり、ゆっくり話せなかった人に会って、
たくさんたくさん話をしたい。


先日はお世話になっていた照明さんに2年ぶりに会い、
嬉しくて嬉しくていっぱいお話しした。
昨日は誕生日が一緒の弟が、
都心に素敵なマンションを買ったので遊びに行った。
なんて立派な弟なんだろう。
やっぱり、運命、全然違うじゃない。


最近、ひとりの時間はたいてい料理をしている。
実家暮らしも長かったし、
1年で100食近くは劇場でお弁当を食べているので、
33歳にしては、料理はうまくないと思う。
一応、料理教室には、その昔に通ったことがあるので、
和洋中は、一通りは作れるけども。
料理に正解なんかないのにねってことに気付いたのは最近だな。
青春時代に、好きな人にまずいと言われたのが忘れられず、
人に料理を作れないトラウマがあったくらいだし。


私の尊敬する人から、
料理は音楽を作るのと同じだと言われたことがある。
調味料で味を足して、想像力を働かせて作っていく作業は、
芸術と似てるんだろうな。
曲とか一切、作れないので、
作れる人はすごいなぁと思うし、
そういう人が、料理を作るのがうまいんだと思う。
料理は絵を描くのと同じだというのも聞いたことがある。
私は芸術的センスが全くないので、
料理も芸術と言われると、とたんに自信がなくなり、
レシピ本を見たくなってしまう。


でも、最近は、時間があるので、
適当にあるものでって感じで、
味を想像していろいろ作るのが好きになった。
すごく自分が変わったなぁと思う。
料理によって、赤ワインや白ワインを入れて煮込んだりすると、
わくわくしてしまう。
お酒が好きだから???
あと、ローリエとか、ナツメグとか、
中華だと甜面醤とか豆板醤とか、
調味料を組み合わせていくと、どきどきする。
レシピ本を無視したにも関わらず、
美味しかったときの爽快さ。


今、芝居を作ってないからこそ、
何かすごく創作したくなるんだろうな。
この感じ、大切にしようと思う。
この休みが終わると、
今年も流れるように進んでいくのだと思う。
だから、いまのうち、
自分の中のやりたいことをしっかり見つめて、
正解のないことをたくさんやりたい。 つづく


今日のごはんは誰かに食べさせたいほどおいしかった。
ひとりが余計にさびしくなるのが料理というもの。(独り言)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。