So-net無料ブログ作成

陸奥と越えた冬 [日記]

やっと春です。
あたたかな春です。


普段は公演が終わるとすぐにここで自分の役とお別れして、
新しい役を迎えるのが私流のやり方で、
それを10年以上続けてきたけど、
近頃の相変わらずの自分の気持ちのぐちゃぐちゃさに、
ここまできちゃった。


そもそも、昨年の冬の公演はいろんな意味で、
冬の公演だったかな。
自分の第一声から始まり、
物語をいかにお客さんに伝えればいいのかの四苦八苦。
手探りで頭がぐちゃぐちゃになりながら、
共演者みんなで一歩一歩進んでいった公演だった。


書けなかった理由のひとつが、
大切な先輩との最後の共演だったから。
私にとって、細見大輔という先輩は、
初めてのヒロインのときの初めての相手役で、
その頃、もっとも近くで、支えてもらった先輩だった。
私にとっての幸吉くんは永遠に細見大輔です。
その時もそうだけど、その前の初めてメインの役をいただいた、
「四月になれば彼女は」という劇団の人気作品の再演で、
細見先輩と、今はその嫁の前田綾先輩と、
大変大きなプレッシャーの中、3人で共に闘ったこともあった。
私にとっての耕平も永遠に細見大輔です。
「裏切り御免!」でねえちゃんを迎えに来た、
細見大輔が1番かっこよかった。
妹としては、のちにふたりが結婚したとき、
大好きなおにいちゃんとおねえちゃんが結婚したみたいで、
本当に嬉しかったのが、つい昨日のことのよう。
初めてのツアーから、ずっと一緒で、
大阪の通天閣に連れて行ってもらったときから、13年。
思い出がありすぎる。


最後に、すごく近くで、
ああだこうだしながら、共に芝居が作れて、
一緒に2時間、舞台上にいられたことを、
心から幸せに思ってる。
間近でみる先輩のその冷静と情熱と大量の汗は最後まで勉強になった。
本当にありがとうございました。
また共演できることを祈って。


セクハラされたらぶん殴る。
責任の取り方は自分なりに考える。
泣き寝入りはしないのさ。
陸奥と共に、歩いた冬は、今思えば、
確実に春につながっていたような気がする。
2時間舞台上にいることで培った持久力、
瞬時に別人の心の声を演じなくてはいけない瞬発力は、
きっと力になったと思う。
恋する乙女の気持ちと、編集者のプライドと、
なんだかぐっちゃぐっちゃな気分だったけど、
得たものはあったわけで。


ラストシーン、主演の西川さんと話し合い、
自分たちだけのストーリーを考えた。
天使の耳を失ったと言っていた三沢社長の言葉の嘘を、
陸奥だけが気付いていたらどうだろうか。
唯一、作品の中で、心の声が描かれなかった陸奥の心の声は、
たぶん、単純でまっすぐだったと思う。
家族には打ち明けられない社長の苦しみもきっと、
陸奥だったら適当に受け止めて、
適当に力になれるんじゃないかな。
それで社長の未来が救われたら、存在価値があるってもんです。


そんなこんなで、
いろいろあった冬でしたが、
もう春です。
持久力と瞬発力と、
何が何でも芝居はお客さまのためのものだという精神を持って、
今、新たな役にチャレンジしている。


陸奥玲子さんへ。
いろいろ大変だったな。
でも、もう春です。
いろんなことに負けるなよ。
ありがとね。  つづく


細見大輔先輩のご活躍を心からお祈りしてます。(独り言)


エビフライ5 [日記]

エビフライって好きですか?
よく食べますか?
たまに食べますか?
最後にはやっぱり選ばないですか?


嫉妬は世界一醜い感情だ。
カレーライスになんか嫉妬はしないって決めてみても、
やっぱり自分に自信がなくて、
エビフライなんか食べてもらえない気がして、
たまにだって食べてもらえない気がして、
自分がなぜエビフライなんかになっちゃったのか、
悩んだり悔やんだりもしたけど、
でも、仲間のエビフライとふたりで寄り添ったり、
ハンバーグと手をつないだりしながら、
嫉妬も覚え、
エビフライとしての気持ちを強く強く持ち、
自信をつけてきたんだよね。
自分らしく、自分らしくって。
ただただ最高に美味しいエビフライを目指して。


賞味期限という言葉を知っていますか?


食べられなくなる消費期限とはちょっと違う、
1番美味しく食べられる期限。
美味しいのは今かもしれないと、
なんとなく意識して、
次に出逢う人に食べてもらわなければならないと少し焦り、
結果、賞味されることに、臆病になる。
もう美味しい期間は終わってる???


自分が恋をすることで、
自分が真剣に恋をすることで、
少しの幸せと、たくさんの不幸をいっぱいいっぱい見て、
もう、自分には無理だと思ってた。
恋って人間を幸せにするものじゃない?
この世の中には、実らない恋もそりゃぁたっくさんあるけど、
でも、どんな恋も、どんなに小さな恋でも、
その恋の存在の意味ってきっとあって、
誰かを強く大きくしたりするために生まれるんじゃないかなと思う。
でも、自分のした恋の結末のたいていが、
とんでもなくて、
もう自分がこの世からいなくなるしかないなぁ~と思っていたんだ。
恋ってものはやっぱり、ふたりで、ふたりのためにしなくてはいけないのか。
まだ生きてていいのかなぁ~私。


このエビフライも、
いよいよ消費期限がきて、廃棄処分だ。


そんな私に神様はご褒美をくれた。


好きになった人からもらった、
たったひとつの好きですという言葉。


彼のおなかは満たされていた。
幸せに満ち溢れ、輝いている。
彼はとても美味しそうに食べる人だ。
あんな人に食べてもらうのが幸せなんだろうな。
私はぼーっと見ていた。
いつの間にか。
エビフライはあんまり好きそうにも見えなくて、
食べてもらいたいと思ったこともなくて、
だからずっと見ていた。
ただ見ていたかった。
おしゃれな優しいロールキャベツか、
家庭的なほっこりおでんか、
若さ溢れる焼肉とかを食べて、
たぶん、おなかがいっぱいになっていた。


そんな人から、ふいにもらった、
好きという言葉。


エビフライが好きです。


その好きという言葉の力に私は震えた。
まっすぐなまなざしとまっすぐな気持ち。
カレーライスやハンバーグとくらべてどうなのか、
そういうのではなくて。
そんなことはどうでもよくて。
たとえ、それが、けっして実らない恋でも、
その気持ちと言葉の存在が、私にどれだけ、生きる力を与えてくれたか。


こんなエビフライですけど、好きになってくれるんですか?


食べてもらうことがすべてではない。
胃袋に入りたいんじゃなくて、
私はあなたの唇を見ていたい。
好きといってくれたその唇を。
いつまでも。
遠くから。


私は恋するエビフライ。
フライフライフライ。
どこまでもどこまでも飛んでいって、
賞味期限も消費期限も飛び越えて、
最後は、消えてなくなるの。


人と出逢うことも、
生きることも怖くなくなる。
だって、生きていれば、ふいに、
こんなふうに、人と出逢い、
こんなに幸せな気持ちになれるのだから。


エビフライでよかった。
私もあなたが好き。     つづく



初めて読んだ方にはわけのわからないこのエビフライ。
いうまでもなく、妄想の世界です。
2000年12月、2002年12月、2004年1月、
2006年6月と書いてきたこのシリーズ。4年ぶりになってしまいました。
年月が経ったわりには・・・な文章。数年後に第6弾を。(独り言)


朝が待ち遠しい病 [日記]

私は夜型人間だ。
小さい頃から、寝起きはとっても悪かった。
夜更かしが大好き。
夜、起きていると、無限に時間があるように錯覚する。
自由な時間がいくらでもあるような。
少しくらい睡眠時間が短くても、
夜に自由な時間を好きなだけ過ごす方が心地よい。


そんな私が、大人になって、
夜がこわくなった。
自由な時間ばかりで、自由は好きなのに、
自由が悲しくなる。
自分には自由以外何もない。


早く明日にならないかなぁ~。
明日になれば、きっと、何かが待っている。


ここ1ヶ月ほど、どんなに遅くに寝ても、
5時に目が覚めるようになった。
2時に寝ても、3時に寝ても、3時半に寝ても。
どうしてかはわからない。
でも、私の中で、明日が楽しみで仕方がないのは確か。


これは、きっと明日が待ち遠しい病なのだ。
いつのまにか夜が嫌いになった私の病気。
夜には何にも生まれないけど、
朝には希望が生まれるんだよ。


2時間くらいしか寝てなくったって、
私にはしあわせな今日が待っている。
夜の涙は乾かして、今日もあなたに逢いにいく。  つづく


今日はDVD撮影なのに、ほとんど寝てないな、私・・・・・・(独り言)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。