So-net無料ブログ作成
検索選択

風を継ぐ [日記]


3ヶ月の間、幕末を生きた。
当然のことだけれど、現在、私の生きている時代は、
150年近くも先の時代。
幕末を生きた人たちとは、すれ違うことも出来なかった。
沖田総司や土方歳三、長州の男達とも。
私にとってこの3ヶ月は、
今、共に生きている人たちと、
同じ時代を生きていられることに感謝する毎日だった。

この公演の稽古中に、
私の尊敬する、マイケル・ジャクソンが亡くなった。
世界中で、誰にでも会えるなら誰に会いたい?という質問には、
いつも、マイケル!と叫んでいた。
彼のパフォーマンスがなかったら、
私は、ダンスをやってなかったし、役者にもなっていなかっただろう。
最後のアルバムを買って以来、
彼の新しい作品に触れることも、ライブに行くこともなかったため、
彼が亡くなったニュースは、いまだに遠いどこかの、
おとぎ話のように、現実のこととは思えない。
もういないのか。
でも、私は、確かに、同じ時代を生き、
彼の姿を東京ドームで、何度も見ることができた。
歌声を聴き、パフォーマンスを見て、大興奮できた。
今は、同じ時代に生きられたことを喜ぶ気持ちが、
心の中に溢れている。
私は幸せものだ。
マイケル、ありがとう。


あなたと同じ時代を生きられることは、
それだけで奇跡。
出逢えただけで幸せなのです。

美祢という役を演じた。
夫を殺され、その敵を討ちたいと願っている。
役者としては、すごくやりがいのある、面白い役だろう。
と、私も、演じる前は思っていた。
3ヶ月の間、復讐の蒼い炎を燃やし続けるのは、
想像以上に身体にはよくなかったかな。
ひどい女だ、全く共感できない、なんて言われながらも、
私は美祢を愛して、演じていた。

大切な人を殺されたからって、殺した人を殺しても、
大切な人が返ってくるはずがない。
でも、あの時代は、あの時代の武士達は、
あだ討ちなんて当たり前。
夫をはじめ、たくさんの同士を殺された長州にとっては、
新選組は、殺さなくてはいけない敵なのだから。
そんな長州魂を持ちながら、
日々、沖田総司を殺すために、戦いました。
夫ももういないのだから、自分も死んでいいと思っていたのでしょう。
でも、運命の人と出逢い、
美祢は、生きることを選んだ。
今度は、沖田に助けられた命を持って。
小金井兵庫と出逢い、一緒の時代を生きられたことは、
美祢にとっての奇跡。
奇跡に感謝。

舞台袖で、必ず、ラストシーンを見ることにしていた。
弟と、旦那が、生きていてよかった、というシーンを、
毎ステージ見ることによって、精神を保っていたのかもしれない。
いっつも嬉しくて、涙が出た。

生きててよかった。
死んだら、
あのとき死んでいたら、今、何にも感じられない。

「風を継ぐ者」は再々演。
キャストが一新された。
入団する直前に、客席でこの作品の初演を観ている私にとって、
お客さん以上に、初演が大好きだ。
好きすぎて、劇団に入っちゃったわけで。
でも、今回、このメンバーと共に、幕末を生き、
新しい沖田や新しい迅助や新しい兵庫や新しい剣作・・・みんなみんなが、
風をしっかり受け継ぎ、新しい「風を継ぐ者」を作った瞬間に、
私も一緒に立ち会えたことを、
心から幸せに思っている。

一緒の時代を生き、一緒に舞台に立てることも、奇跡。
きっと、すごい確率の奇跡なんだ。

最後に、天国のミラノ姉ちゃん。
あの頃は、妹分だった私もすっかり年をとり、同じ役をやるようになったよ。
私は、あなたの風を感じ、日々、舞台に立っていました。
風、継げたかな。
ずっとずっと、私が姉ちゃんの風を継いでいくからね。
また、美味しい素敵なお店を見つけて、お茶をしながら、
美祢がいかにいい女だったかを、話そうね。
だから、笑って待ってて。

あなたの生きる時代に、私も生きられたことに、ありがとう。
そして、これからも、たくさんの風を感じて。  つづく

これからは穏やかに暮らします。(独り言)

サマーツアー終わりました。
応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。


これからほしいもの [日記]

今、ほしいものはありますか?
今、やりたいことはありますか?


少し前まで、私には、なぁんにもなかった気がする。
たいしたやりたいことが見つからなかった。
下手をしたら、今、食べたいものすら思い浮かばなくて。
出来れば、平和に、問題なく、健康に明日を迎えられたらいいな、と。
明日だって、なんなら来なくても、別にかまわないような。


今年の4月、久しぶりの休みがあった。
今までの休みは、なんだかんだ、仕事でやるべきことがあったり、
プライベートで、引越しをしなくちゃいけなかったりしてくれて、
忙しく、明日がやってきてくれた。
自分で強く望まなくても。


さぁ、何がしたい、と思ったときに、
私は飛行機に乗り、旅に出ていた。
高知に行ってみよう。
まだ、はっきりと、自分の気持ちもわからなかったけど、
手探りで見つけた私のやりたいこと。
友達に会いたい。
ついでに、やっぱり、四万十川が見たい。


水のある景色が好きで、
でも、海は、ときに大きすぎて、
だから、私は川が好き。
緑と水が一緒に感じられるから好き。
流れ続けてくれる音が好き。


高知に行くなら、四万十川が見たい。
ただ「見たい」っていう欲求が、自分の中では久しぶりな感じがした。
誰と見たいとか、みんながいいって言うからでもなくて、
ただ、四万十川をぼーっと見たい。


四万十川ってどこに行ったら見られるんだろう。
ガイドブックとパソコンを使い、行き方を調べる。
なんとなく答えが出て、あとはやってみるしかない状況。
たいていのことは何でもそうだよね。
答えは調べられないし、たぶん正解は何通りもあるし、
正解が大事ではないかもしれない。
1日に数本しかない電車を乗り継いで、
江川崎という駅に降り立った。
そこから、自転車を借りて、10数キロ先の岩間沈下橋を目指す。
四万十川にはたくさんの沈下橋が架かっているけど、
1番自然を感じられる美しい沈下橋を選んだ。
駅周辺にも人はいなくて、駅員さんがひとりいたのかな、
あとは自転車を貸してくれたお店の人がひとり。
人がだーれもいないぞ。
川の音を聴きながら、鳥のさえずりを聴きながら、
四万十川沿いに、自転車をひたすら漕ぐ。
前日の天気予報は雨。
そんなもんだよね。
雨でも雨の四万十川を見ればいいし。
でも、本当に運がよく、曇り空から雨が落ちてくることはなかった。
たまに雲の合間からお日様がのぞいたりした。


橋といっても、東京の川にかかっている車がびゅんびゅん通る橋ではなく、
人と、車が、通りたかったら通れますよって橋。
柵も何もない、川にかかるただのせまい道である沈下橋に、
足をぶらぶらさせて座れば、
四万十川のど真ん中で、ぼーっとできた。


高知にいる私の友達は、
障害があり、でも、明るく笑って生きている車椅子の男の子。
いつか必ず劇場に観に行く、と約束してくれた。
数年前、自分の1番大切だったはずの、
舞台に立つということすら迷った時期に、
私の人生の支えになった言葉をくれた人だ。
私は彼が観に来てくれるまで、当然、
舞台に立ち続けなくてはいけないと決まっていた。


四万十川のほとりで数時間、ぼーっとしながら、
でも、実は、考えるべきことすら、なくて、
流れる水を見ながら、川の音を聴いていた。
なんとか生きていれば、見たいと思うものを見られる。
やりたいと思うことを手探りでもやってみればいい。
自分にとって意味のある明日を迎えるために。


さぁ、舞台に立とう。


高知から帰り、稽古の最中にも、大変なことはたくさんあった。
泣きながら母と電話をした夜もあった。
負けず嫌いの私には、今までの長い人生で、
人に、しかも母に、弱いところを見せるなんて、ありえないことだった。


待ちに待った友達が高知から観に来る日が決まり、
密かにその日を迎えた。
カーテンコールで、客席にいた車椅子のその友達の笑顔が見え、
隣に座っているお母さんが、
動かない彼の手を高々と持ち上げて、
大きく振ったとき、
そして、一緒に、周りにいるお父さんや高知の友達が、
来たよぉ~と手を振ってくれたとき、
嬉しくて嬉しくて、
私も、
舞台の上から、大きく手を振った。
間違っていなかった。
舞台に立つという1番大切なことを見失わずにいられてよかった。


長いサマーツアーが終わり、また休みがやってきた。


今度はその友達が東京にやってきた。
彼は、ストリートで書を書くのが仕事。
あと、音楽の作詞もする。
今度は、彼の東京での仕事のサポートをしたいと心から思った。
まだまだわからないことだらけだったけど、
東京で、一緒に、駅の中をぐるぐるしながら、電車に乗ったり、
車椅子の入れるトイレを探してデパートをぐるぐるしたり、
車椅子の乗れるタクシーを呼んで一緒に乗ったり、
一緒に入って飲める居酒屋を探したり。


彼と一緒に過ごしたのはたったの3日間だったけど、
私の、自分のために、ぼーっと過ごしてた時間の使い方が、
あっという間に、激変してしまった。
やりたいと思うことがむくむくと沸きあがってきた。
私ごときでも、この世界には、やれることが、いっぱいある。


友達が高知に帰ってすぐに、
劇団の先輩たちが、立ち上げたユニットの公演があった。
その3人が大好きだったので、
私ごときでも、なにかしら、お手伝いできたらなぁと思い、
やりたいです、と手を挙げて、
稽古場に行ってみた。
本番にも毎日行ってみた。


結局、ずっとそばでお手伝いすることが出来た。
ものすごい楽しかった。
やりたいことは、やればいい。
そうやって、動けば、
世界がどんどん広がる。


明日なんか来なくても別にいいや、と思っていた私の人生が、
今、未来に向かって、
やりたいことで溢れている。
今、私に出来ることを探しながら、
劇団のために、やりたいことをやりたい。
週末の姉の結婚式のためにリングピローを作ろう。


明日が必要なのです。


今、1番、ほしいもの。
ものすごくほしいもの。


とあるエスプレッソマシン。


そんなにバカ高いものではないけど、
明らかに、生きていくうえで、すごく必要なものでもない。
コーヒーメーカーはあるし。
私は紅茶も大好きだし。
夜は、コーヒーというよりは、お酒だし。
でも、ものすっごくほしいものを久しぶりに見つけた。
それを買うために働くぞ。
必死に生きて、来年くらいに、
おうちにあのエスプレッソマシンを買うぞ。
買うまでは死ねないぞ。
買って、美味しいエスプレッソを淹れて、
やったぁ~~って幸せな気分になるぞ。
四万十川を見たいと思ったように、
実現して、次の目標に進むぞ。
まだまだ、やるぞ。
私はエスプレッソマシンを買うんだぞ。


ほしいものがある明日は、
すっごく楽しい。 つづく


いよいよ、今年最後の公演の稽古が始まる。
とにかく、いい舞台を作ることと、美味しいエスプレッソを飲むことが、
毎日の目標!(独り言)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。