So-net無料ブログ作成
検索選択

ポケットに届け [日記]

ついにスマートフォン、iPhoneを持つことになった。
うすべったいつるっとぴかっとひやっとした機械を、
この手のひらの中に持っているだけで、
とんでもないことができてしまいあわあわする。


新しい機械といえば、
初めてポケベルを持ったときのことを思い出す。
今まで、連絡手段といえば、家の電話で、
自分にかかってくる電話を家族に取り次いでもらって、
長電話をしては怒られて。
待ち合わせはアクシデントがあると大変だったな。
でも、ポケベルは、
個人的にメッセージをその人のポケットに送れるようにしてくれた。
すごくうれしいことだった。
公衆電話にテレカを入れて、
ハイスピードで数字を使って文字を打つ。
*2*2を頭に付けると、
数字がカタカナに変換されて送れるんだったな。
ちょうど高校の終わりから、大学に入った頃まで、
青春ど真ん中を、ポケットにポケベルを入れて、
ぶるぶるさせながら過ごした。
公衆電話に走りながら、
いつか、いつの日にか、
ポケベル自体で文字が打てるようになればいいなと、
そんな未来を夢見る少女だった。


初めての彼ができたときも、ポケベルで連絡を取っていたなぁ。
もともと、彼には彼女がいた。
私と彼女と間違えて、数字が送られてきて、
機種が違うからカタカナじゃなくて数字だったけど、
なんとか解読できて、彼女に送ったものだとわかり、へこんだりもした。
その後、しばらくして、無事にお付き合いできることになったけど。
相手のポケベルの番号を暗唱していた頃の、
懐かしい思い出。
友達の電話番号とかポケベル番号とか、
たっくさんの数字が脳みそに刻まれていた時代。


その後、PHSを初めて持ったときは、いよいよ来たと思った。
公衆電話よさらば、テレホンカードもさらばじゃ。
すごい、すごいよ。
ちょうどキャラメルボックスに入る少し前の話。
この電話があれば、ここから文字が打てる。
Pメールというもの。
もういちいち電話のあるところへ行かなくていいんだ。
っていうか、線がつながってない、個人の電話だ。
お部屋でも、外でも、自由に電話ができる。
自分だけの電話。
今では当たり前のことなのにね。


ラブレターといえば、切手をはって郵便だったけど、
まだEメールというものがない青春時代、
私の場合は、手紙からFAXになった。
毎日毎日、好きな人に、レポート用紙に手書きで手紙を書き、
家の電話から、相手のお家にFAXしていた。
郵便と違い、送るのと受け取るのに時差がない。
メールがないことが、今では考えられないけど、
そんな時代もよき時代。


携帯の次は自分のノートパソコン。
でも、パソコンって、ウイルスに感染したりがすっごい怖くて、
いまだに全部を理解できないところが、
私には手に負えない感じがある。
何年経ってもさっぱりわかってあげられない。
古くなってきていまいち調子の悪い子を、
買い換える勇気もなくて、
パソコンを開く時には、
えいや!って心の中で掛け声をかける毎日。
立ち上がるのに時間がかかるから、
なるべく1日1回にしたり。
便利なものというよりは、必要にせまれらて、
仕方なくお付き合いしている道具。
私のラブレターはFAXからパソコンのメールになったし、
これがあるおかげですごいことができているはずだけど、
その便利さの実感もあまり沸かずに、
すでに10年くらいが経とうとしている。


さて、今、ここにあるiPhoneさんは、
電話もできるし、どこにでも持っていける、
ポケットに入る、私にとっては小さなパソコン。
タッチパネルで文字を打つのは、
最初にパソコンのキーボードを触ったときのように不自由で、
その慣れないからの困難さと、時代の流れの早さに驚きを感じ、
ついついいろんなことを思い出してしまった。
いつの日にか、ぱっぱかぱっぱか、
タッチパネルで文字が打てるようになり、
この文章も、キーボードで書かなくなる日がきっと来るんだろうな。


旅先でも、電車の中でも、道を歩いていても、
誰かのブログを読んだりして、
文章を書いて発信したりして、
ずっと世界とつながっていられる。
人の目を見て過ごす時間は、
とても大切だし、こんな時代だからこそ、
もっともっといとおしい時間になるのだけど、
でも、今の私には、
この小さな機械が味方になってくれるような気がする。


地球の外にいる宇宙飛行士さんから、
今の地球の写真が送られてきて、
それを手のひらの中で見られる幸せ。
すごい世の中になったもんだ。
遅れつつも時代の流れをぼんやり追いかけて、
すごいな~すごいな~と感じていかないと。
あの頃、想像していた未来の中に、
私は生きているんだから。
公衆電話に向かって走っていた私の未来。


あらためて、あなたのポケットの中に、
自分の想いを届けられる幸せを感じる。
「送信」の文字を、そっと人差し指で触るとき、
届け、届け、届けと願う。
あなたの胸のポケットに入れているそれが、
ぶるぶる揺れて、
私の言葉が届くとき、
あなたの胸に、私の想いが、まっすぐに届くことを祈って。 つづく


つながってるね、iPhone。(独り言)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。